タレント

東大王の鈴木光が小学校にいたころもスゴかった

「東大王」などでお馴染みの鈴木光さんは 「スタンフォード大学が認めた才媛」

と言われるすごく優秀な東大生。

 

光さんは、中学と高校はは都内の進学校として有名な筑波大学附属に通いました。

 

この記事では、ヒカルさんがどんな小学校に行ってて、どんな生徒だったのかというのを

書いていきたいと思います。

 

 

東大王の鈴木光さんが行った小学校って?

スポンサーリンク

鈴木光さんは、幼稚園のときは、インターナショナル・スクールに通ってました。

そこでは、全てが英語で、日本人の生徒は光さんとお姉さんだけだったそうです。

しかし、家庭の事情で、公立小学校に編入することになりました。

 

これまでの英語だけの授業、周りは外国人ばかりという環境の国際的な学校生活からの

編入だったので、最初はなれるまで大変だったでしょうね。

 

 

 

鈴木光は小学校で人前で話せる能力が身についた?

 

鈴木光さんは授業中に「ハイッ!ハイッ!」と手をあげて

積極的に質問に答えたりして、自分の意見を言ってたそうです。

 

普通のこどもは、恥ずかしかったり、

間違えるのが怖かったりしてなかなか発言をしないんですが、

光さんは、全然そういうのがなかったそうです。

 

相手に自分の思っていることを伝える努力をすることで、語彙力や言語能力が身についていきました。

 

間違ってもいいから、とりあえず自分の意見を言ってみて、自分がしゃべることによって、自分の考えも整理できたんだ

っと光さんは言っています。

 

鈴木光さんは小学生の時どうやって英語の勉強をしてた?

 

光さんは幼稚園のとき、インターナショナル・スクールでいつも、英語をつかってました

しかし、公立小学校に編入してからは、英語をつかう機会が少なくなっただろうと

思うのですが、どうやって英語の勉強をしていたのでしょうか?

 

英会話学校なんかに行くというオプションもあったのでしょうが、

それよりも、もっと効果的な方法をやっていたのです。

 

光さんの家庭は海外からのホームステイのお客さんのスポンサーになっていたんです。

お客さんを英語でコミュニケーションを取ることで、英語がどんどん上達していきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

小学生の鈴木光さんの親の教育方針とは?

 

小学校のときの光さんの親の教育方針はどういうものだったのでしょうか。

 

鈴木光さんは、子供の頃「あれはダメ。これはしちゃあダメ。」など言われなかったそうです。

何かやりたいことがあったら、親も一緒に協力してやってくれました

 

親の意見や意図を子供に押し付けたりはほとんどしませんでした。

常に光さんが興味がことにサポートしてあげる準備をしたり提案をしていたようです。

 

まとめ

 

公立小学校の行った鈴木光さんは、とても積極的な生徒で、自分の意見を常に言っていました。

ホームステイのお客さんとの会話で、英語力も自然とアップしました。

 

親のサポートのおかげで、興味のあることをやれて、経験も豊富になっていきました。

 

鈴木光はとても良い環境で育っただけでなく、自発的に自分の意見を言ったりしてきて、

今の光さんがあるんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

-タレント
-

Copyright© クラッシュ・ストーリー Blog , 2021 All Rights Reserved.