映画

ハリソン・フォード主演映画のランキング

ハリソン・フォードは1960年代からいろんなジャンルの映画で主演をつとめた

とても実力のあるアメリカの映画俳優です。

 

1942年生まれで、すでに70歳をこえてますが、まだ現役で活躍中です。

僕は好きな映画俳優が何人かいますが、ハリソンが一番すきです。

 

なぜかというと、ハリソンの演技はとても自然でスムーズで、

たまに「ニヤッ」とする表情がなんともいえないからです。

 

この記事では、僕が独断で決めてしまったハリソン主演映画のトップ3を紹介していきたいと思います。

 

逃亡者 (The Fugitive)

スポンサーリンク

1993年に制作された「逃亡者」で、ハリソン・フォード はお医者さん、リチャード・キャンブルの役を演じます。

 

ある夜、奥さんが自分の家で殺されました。

リチャードは無実の罪をきせられて、逮捕されてしまうです。

裁判では証拠がじゅうぶんにあるということで、なんと有罪判決

 

刑務所に運ばれる途中に列車事故に遭遇し、チャンスを見つけなんとか逃亡することができました。

警察やFBIを相手に頭脳戦で常に先手を取りながら逃げ回り、無実を証明するために奮闘します。

 

最終的には真犯人を見つけて、無実を証明することができました。

それが出来た理由は、リチャードの無実を信じた仲間がいたからです。

 

ただこれだけの話だったら、普通の作品になっていたでしょう。

この映画をおもしろくしたのは、FBI役のトミー・リー・ジョーンズがいたからですよ。

 

トミーとハリソンとの、ウィットにとんだ会話のやりとり、お互いの駆け引きなどが

「逃亡者」をもっとおもしろくしたんだと思います。

「脇役っととても大切なんだなぁ~」と思わせてくれる作品でもありました。

 

心の旅 (Regarding Henry)

 

「心の旅」は1991年の作品で、ハリソン・フォードは一流弁護士のヘンリー・ターナーの役を演じます。

法律事務所でもトップのヘンリーは、仕事で忙しすぎて、奥さんと娘との時間ももてず、関係もうまくいってません。

 

ある夜、仕事から帰ってきたあと、ヘンリーは、近所のお店にタバコを買いに出かけます。

そこで、たまたまお店に入ってきた強盗に拳銃で打たれてしまうんです。

 

一命は取りとめることは出来たのですが、記憶をうしなってしまうんです。

奥さんのことも、娘のことも、自分が優秀な弁護士であることも覚えてないのです。

しかしこれがきっかけで、一度失いかけた、奥さんと娘と触れないながら、立ち直っていくのです。

 

この映画をおもしろくしたのは、脇役のブラドリーの存在でした。

ブラドリーは、リハビリの先生で、ヘンリーのリハビリの訓練の手助けだけでなく

心の支えともなっていました。

 

ヘンリーが退院したあとも、精神面でのサポートを続け、ブラドリーはかけがえのないベストフレンドになったのです。

スポンサーリンク

 

パトリオット・ゲーム Patriot Games

 

「パトリオット・ゲーム」でハリソン・フォードは元CIAエージェントであるジャック・ライアン役を演じます。

ジャックは仕事で、奥さんと娘を連れてロンドンにむかいます。

 

家族と一緒にたのしい旅のはずだったのですが、、、

仕事の帰りに、バッキンガム宮殿の近くでアイルランドのテロ組織による襲撃事件に巻き込まれてしまうんです。

 

元CIAだったライアンは、テログループの一人を撃ち殺して、ヒーローとなります。

しかし、ライアンが殺したテロのメンバーのお兄さんが、復讐のためアメリカにやってくるのです。

ライアンはじぶんの家族を守るために、テロリストに立ち向かっていきます。

 

ハリソン・フォードは緊迫感を高める演出がうまく、ラストのテロをやっつけるシーンは、はらはらさせられました。

 

「ハリソン・フォード主演映画のランキング」の まとめ

 

僕の独断でハリソン・フォードのベスト3の作品を紹介しました。

ハリソン・フォードは、弁護士、お医者さん、CIAのエージェントなど、

いろんな役をやれて、トップクラスの映画アクターですよね。

スポンサーリンク

 

-映画
-

Copyright© クラッシュ・ストーリー Blog , 2020 All Rights Reserved.